日下 裕介

«一覧に戻る

Manager日下 裕介

 

得意なスタイルは?
ナチュラル、カジュアル、ガーリーなど明るいイメージのもの。
得意な技術は?
カラーやストレートなど髪を綺麗に見せるもの。
お客様と一緒にスタイルを作り上げていくことを心掛けております。ライフスタイル等に合わせて似合うヘアスタイルを見つけていきましょう!


Kplus の店長    日下裕介のプロフィールです。


僕は、宮城県の角田市という市町村の活性化の一億円の使い所を等身大のH2ロケットのレプリカに使う不思議な街に生まれました。


美容師になるのは幼稚園の時からの夢でした。


理由はカッコ良かったから。


綺麗な店長にカットしてもらって空いた時間に真っ赤なガルウイングに乗せてもらいアイスを買ってもらう。美容師ってすげ~と素直に感じました!


カット中は寝てるんですけどね!


両親共働きだった日下家では僕はカギっ子で妹たちといつも一緒でした。


そんな日下家のお弁当にはいつもブロッコリーが入れられていました。
「日下くんは本当にブロッコリーすきなのね!」と先生に言われましたが、妹も同じように言われているのを知ったのは中学になる頃でした。どんな印象だよ。



太っていた僕はプールが苦手でした。


三メートル泳げたときに凄くうれしくてスイミングスクールに通いました。2年後には市の代表にまでなれるようになりました。やはり褒め伸ばしですね!今でもたまに泳ぎに行ったりします。



東北で何故か起こった体育着 半袖短パンブーム。もう、意味わかりません。一年中半袖短パンです。


東北人は風の子説ですね。



仙台育英学園高等学校に進学した日下。都会に行きたいだけでした。この頃から幼い時から通っていた美容院でバイトを始めました! 


初めは美容師になることを反対されていました。あなたじゃ務まらないと。

ただ、バイトを続けていくことで親にも本気なのが伝わったようです。

今でも心配かけていますが応援していただいています。


高校からの親友も同じ美容の道へ。仙台の美容院を見たり、流行りのファッションに触れていく中でもっと都会に行きたくなりました。



キムタクのドラマがヒットして、美容ブームが来た美容学生時代


 

亭主改造計画やシザーズリーグなどメディアも美容にあふれ、友達にパーマやカラーをすることが当たり前になり、毎日充実した学生時代でした!


ほとんど失敗でしたが。。


東京に上陸!就職は首都圏に5店舗ある会社に入りました。同期の存在もあり、遊びに仕事に一生懸命でした。尊敬する先輩にも沢山出会いました。


 


そんな僕も一度だけアシスタントの時に辞めたいと言ったことがあります。


当時の社長に

「日下くんは将来お店を持ったり、店長にはなりたくないの?」
と聞かれました。

「店長になれるような人はアシスタントの時から周りに影響を与えることが出来る人だと思うよ。」

「周りをやる気にさせるのもアシスタントから出来ることだ」と。


悔しかったです。。まさに正論だと!



この会社で一番になってやる!



僕のやる気にスイッチが入りました!負けず嫌いな僕は25歳でチーフになり二年間ずっと会社で表彰される程になっていました。


 

人が変わる瞬間ってわからないものですね。

当時の社長に今でも感謝しております。


教育にも携われる機会に恵まれ、二人がスタイリストデビューすることになりました。


やっぱり嬉しかったです。


自分の拙い教えにもついてきてくれるスタッフがいること。

美容を楽しみながら働いてくれるスタッフが自分の誇りになり、自信を与えてくれる存在になりました。



辛い時や悔しい時もありましたが、周りのスタッフがいつもバックアップしてくれ、スタイリストとしても成長をさせてくれた会社に感謝しかないです。


そして、
更なる可能性を求めKplusに入りました。



このお店は自分をさらに成長に導いてくれる!


と直感で分かりました。



ケープラスに入り今年で7年が過ぎました!



先代の亀山先生との出会いや、社長と働けていること、共に成長できるスタッフがいることに感謝しながら毎日を過ごせています。


今後も


いつまでもお客様に喜んでいただける美容師でいること。


を、テーマに日々営業に取り組みたいと思います!


僕が皆様の毎日を綺麗に、可愛いく、カッコよくして行きます!
なんでもご相談ください!一緒に解決していきましょう!!



全力で応援します!




スタイルなどのご相談はこちらが便利です!


友だち追加


24時間いつでも予約可能です!